トップページ>平成30年度 世界糖尿病デーについて

世界糖尿病デーについて 

〜自分のために・・大切な人に・・糖尿病を知って下さい〜

【概要】

 相模原赤十字病院で「ブルーサークルイルミネーション・ブルーライトアップ」を行います。
昨年より始めておりますが全世界で予防、治療継続の重要性を周知する重要な機会を受けての新たな取り組みとなります。
すべて職員の手作りですが、糖尿病を一緒に考え、患者さんに勇気と希望を与えられる1週間にしたいと考えております。

【イベントの概要】

開催期間 2018年11月12日(月)〜2018年11月17日(土)

内 容

  • ブルーサークルライトアップ点灯式(正面入口 16:45〜)
    ブルーサークルライトップ・当院正面にブルーサークルイルミネーションを設置及び屋上をブルーライトアップ
    (18:00〜20:00)
  • 病院内エントランスホールに展示コーナー設置
  • 最終日の11/17(土)には、住民にむけて、各分野の視点からみた”第8回 相模原赤十字病院講演会”を開催
    (4F大会議室にて13:30〜15:30 費用無料)

≪ 演題 ≫

  • 1.糖尿病について〜料理のコツ〜  管理栄養士    番 義幸
  • 2.血糖の変動について知ろう!   臨床検査技師  箭内 紀史
  • 3.糖尿病の予防と治療〜運動療法〜 健康運動指導士 阿部 恭子
  • 4.情報にダマされないために    薬剤師     宮下 徹
  • 5.大切な足を守るために      看護師     金子 亜古
  • 6.糖尿病と腎障害
       〜画像検査からわかること〜  臨床検査技師  矢島 麻里絵
  • 7.糖尿病合併症を防ぐためにしなければならないこと
                      内科部長(糖尿病学会専門医)
                              伊藤 俊
▲ページのトップに戻ります