平成29年度 相模原赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 21 51 59 115 136 428 614 558 200

退院患者の平均年齢は全体構成でみると70歳代が最も多く、次いで80歳代、60歳代、90歳代となっています。
全体で2,182件の退院患者数です。そのうち70歳以上の退院が1,372件で、全体の約63%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081××99×00× 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 156 19.85 20.83 4.49 85.85
050130××99000× 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 17.58 17.71 8.89 83.78
030400××99×××× 前庭機能障害 手術なし 29 3.28 5.15 0 68.79
110310××99×0× 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 29 12.31 12.34 3.45 67.55
180010×0×××0×× 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 25 17.56 19.01 4 75.08

上位症例は、1位:誤嚥性肺炎 2位:心不全 3位前庭機能障害 4位:腎臓または尿路の感染症 5位:敗血症です。
1位~5位症例すべての平均年齢が65歳以上となっており、内科の退院年齢70歳以上の割合は約71%です。
誤嚥性肺炎の呼吸器疾病の入院が多く、平均年齢85歳と高齢なため他の疾病への罹患も多い状況です。
特に認知症疾患にも配慮し、コントロールしながら退院支援チームを中心に早期の退院に向けた取り組みを行っています。

外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040××9909×× 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 9あり 49 4 10.56 0 71.16
060040××99××60× 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病なし 28 4 4.38 0 65.32
060035××99×60× 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病なし 23 4 4.47 0 63.96
060035××99×00× 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病なし 21 6.29 7.21 0 80
060335××02000× 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 7.43 7.4 0 59.29

1位:肺の悪性腫瘍、2位:直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍、3位:結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍はいずれもがんの化学療法です。
当院ではがんの化学療法は原則4日の入院で行っています。エビデンスに基づきQOLに配慮し疾患コントロールをしています。

整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800××01×××× 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 72 30.63 27.09 26.39 82.38
070230××01×××× 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 33 27.09 25.09 0 77.3
160690××99××0× 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 30 26.53 19.94 13.33 79.93
160760××97××0× 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 20 5.1 5.21 0 54.5
160620××01×××× 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 18 12.61 11.41 0 63.39

1位:股関節大腿近位骨折の人工骨頭挿入術、2位:膝関節症の人工関節再置換術等、3位:胸椎、腰椎以下骨折損傷、4位:前腕の骨折、5位:肘、膝の外傷が主な症例です。
1位~3位は平均年齢が75歳以上となっており、整形外科の退院年齢70歳以上の割合は約72%で、高齢者の転倒が起因となる入院が多い状況です。

耳鼻咽喉科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030410×××××××× めまい(末梢前庭以外) 14 4.86 5.3 0 66.93
030428×××××××× 突発性難聴 13 9.54 9.18 0 64.69
030240××99×××× 扁桃周囲膿瘍、急性扁等炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 13 6.54 5.48 0 40.62
030400××99×××× 前庭機能障害 手術なし 12 5.5 5.15 0 64.33
030350×××××××× 慢性副鼻腔炎 11 10.18 7.23 0 47.36

1位:めまい(末梢前庭以外)、2位:突発性難聴、3位:扁桃周囲膿瘍、急性扁等炎、急性咽頭喉頭炎、4位:前庭機能障害(めまい)、5位:慢性副鼻腔炎が主な症例です。耳鼻咽喉科の退院年齢は7歳~90歳と幅広く、平均年齢は55歳です。

泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200××04×××× 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 18 8.28 7.64 0 73.44
110070××0200×× 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 14 10.29 7.31 0 78.71
11022×××99×××× 男性生殖器疾患 手術なし 10 10.1 8.94 10 66.9
11012×××99××0× 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病なし 5.39
110310××99××0× 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副病なし 12.34

1位:前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術、2位:膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術、3位:男性生殖器疾患が主な症例です。
退院年齢は70歳以上が多く、泌尿器科の70歳以上の割合は約70%です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 12 51 19 21 26 1 7、6
乳癌 16 1 7
肺癌 10 1 7
肝癌 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

UICC病期分類とは国際対がん連合により定められた、原発巣の進展度(T)、所属リンパ節への転移状況(N)、遠隔転移の有無(M)の要素により
0期~Ⅵ期の5病期(ステージ)に分類するものです。一般的にⅡ期までが早期がん、Ⅲ期以降は進行がんと呼ばれます。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 41 9.85 73.22
重症
超重症
不明

成人市中肺炎とは普段の生活で、成人が罹患した肺炎の事です。重症度とともに平均在院日数が延びて、平均年齢も約73歳と高齢となっています。
エビデンスに基づき高齢者に配慮した治療を行っております。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 26 16.65 78.12 0
その他

当院では内科にて対応しています。
発症から3日内の脳梗塞が約95%と大部分を占めています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)等 58 4.4 21.69 22.41 81.21
K0821 人工関節置換術(膝)等 41 1.46 24.15 0 76.17
K0462 骨折観血的手術(前腕)等 25 3.68 24.88 12 62.44
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕)等 25 2.88 1.52 4 59.24
K0811 人工骨頭挿入術(股) 20 6.4 27.8 25 81.5

1位:骨折観血的手術(大腿)等は平均年齢が81歳と高齢による転倒の骨折が占めています。
2位:人工関節置換術(膝)等は人工関節、5位:人工骨頭挿入術(股)は人工骨頭を入れて関節の痛みを軽減する手術で、
高齢者のQOLに必要な手術です。

外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 1.19 5.41 0 60.7
K6335 鼠径ヘルニア手術 20 1 1.95 0 71.2
k7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満)等 11 1.27 2.27 0 2.55
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)等

1位:腹腔鏡下胆嚢摘出術は27症例で、平均入院期間は7日。
2位:鼠径ヘルニア手術は20症例で、平均入院期間は4日。
3位:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満)等は11症例で、平均入院期間は5日。
他にも胃がんや大腸がん、乳がん等の手術も行っています。

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満)等 27 1.48 2.19 3.7 68.52
K654 内視鏡的消化管止血術 15 0.47 12.27 6.67 72.87
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 12 6.17 11.17 0 75
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 10 11.3 13.7 10 76.4
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法

1位:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満)等は27症例で、平均入院期間は5日。
2位:内視鏡的消化管止血術は15症例で、平均入院期間は17日。
3位:内視鏡的胆道ステント留置術は12症例で、、平均入院期間は27日。
4位:内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)は10症例で、平均入院期間は26日。
1位~4位すべての平均年齢が65歳以上となっています。

泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術(その他) 18 1 6.28 0 73.44
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 13 1.46 8 0 80.08
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術
K8281 包茎手術(背面切開術)

1位:経尿道的レーザー前立腺切除術(その他)は18症例で、平均入院期間は8日。
2位:膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)は13症例で、平均入院期間は10日。
上記が主な症例で、平均年齢が70歳以上となっています。

耳鼻咽喉科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 10 1 7.4 0 48.4
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡)
K347 鼻中隔矯正術
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡)

内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)が主な症例で10症例。平均入院期間は9日です。

眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)等 98 1 1 0 76.53

当院では2泊3日で水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)のみ施行しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 19 0.87
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

DPC病名と入院契機が「同一」はある疾病の診療目的で入院し、その疾病の治療を行ったことを表します。
「異なる」はある疾病の診療目的で入院したが、併発もしくは別の疾病が発症したことにより、その治療が主となった場合を表します。
敗血症とは細菌、特に化膿菌が血管やリンパ管中にはいって起こる病気です。